このページの本文へジャンプ



ソリューション・エクスプレス

トピックス

IT時事用語TOPICS

2018年トレンド予測−IT技術の成熟−

毎年のように変化・進歩を続けていくIT技術。2018年の情報技術の動きに
ついていくために欠かせない、4つのトレンドワードをご紹介します。

・・・・

■企業の成長を加速させる「デジタル変革」

デジタルツールの登場によって、ビジネスのあり方は急速に変化しています。
特に、これからご紹介する4つのIT技術は、ビジネスのあらゆる面で利用され、
「デジタル変革」が進むことが予想されます。

デジタル変革とは、製造・物流・販売など、企業のさまざまなプロセスが急速
にデジタル化していくことです。既存の方法を根本から変えるため、戦略的な
計画・投資が求められますが、こうした最新技術をいかに活用するかが、企業
の成長を加速させる条件となりそうです。

企業の成長という点で、見逃すことのできない2018年により一層成熟すると
予想される4つのIT技術に注目しましょう。

【1】生活のあらゆる面で活用される「AI」

スマートスピーカーの登場などにより「AI(人工知能)」は、より生活の中で
身近なものになりました。米国のIT調査会社の予想では、今後数年間で
「AI everywhere(どこでもAI)」化がより進むとされています。特に製造業は、
こうした影響を大きく受けるとされており、開発・設計・製造・保全といった
“ものづくり”のすべての工程でAIを活用して、コスト削減や効率的な生産が
求められるようになるでしょう。

AI技術がより成熟していくためのカギを握るのが「機械学習」です。機械学習
とは、与えられた膨大な情報を元にプログラムが学習し、自律的にルールを
見つけ出す手法のことです。例えば、生産ラインの動画データを高速処理する
ことで、全数検品も可能になり、人件費の削減と製品クオリティーの向上が図
れます。ロボットが製造したものをAIが検査する、といったように、機械学習
によって製造業の仕組みは大きく変わる可能性があります。

【2】多業界に変革をもたらす「ブロックチェーン」

仮想通貨の普及とともに、耳にすることの多くなった「ブロックチェーン」。
ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、データベースの一部を
共通化して、個々のシステム内に同一の台帳情報を保有します。インター
ネット上で高い信頼性と透明性を確保できるのが特徴です。仮想通貨の基幹
技術であるブロックチェーンですが、その活用方法は金融業だけにはとどまり
ません。

これまで各企業・業者が業務アプリケーションとデータベースを個別に所有
するのが普通でしたが、ブロックチェーンを活用すると、記録管理のメカニズム
が大きく変わります。医療・製造・流通・サプライチェーンなど、あらゆる
分野に活用できる可能性があります。整合性の確認にかかる時間など、解決
すべき問題もありますが、数年以内に各分野でのブロックチェーンの活用が
進むと思われます。

【3】あらゆる製品に搭載される「IoT」

米国のIT調査会社の予想では、2020年までに新製品の95%にIoT
(Internet of Thingsの略)機能が搭載される見込であり、「ありとあらゆる
もの」がインターネットに繋がることを意味します。
そして、「モノを使用する現場」から得られた情報と「ものづくりの現場」が
繋がる「モノのサービス化」という流れが加速するでしょう。
「モノのサービス化」は「モノのソフトウエア化」を前提としており、製品の
機能は製品に組み込まれたソフトウエアによって実現されることになります。
例えば、製品を使用する現場でのリアルタイムの変化やトラブルといった情報が
インターネットを通して収集され、集まったデータがAIにより分析されることで、
ものづくりの現場に反映されます。つまり、ものづくりの現場からアップデート
されたソフトウエアが届くことで、即座に現場のニーズに対応できるという
仕組みです。

ただし、急速に進むIoT化に対してセキュリティー対策が追いつかず、IoT
機器へのサイバー攻撃や不正アクセスも増加しており、企業レベルでの対策
も求められています。

【4】企業の大前提となる「クラウド」

米国のIT調査会社によると、2016年のクラウド関連の世界市場規模は約22兆円。
成熟期を迎えたクラウド技術の活用は、すでに企業の成長のために不可欠な
要素ともいえるかもしれません。

クラウドの活用は、これまでの「コスト削減」、「機敏性が良い」といった目的
だけではなく、柔軟性と拡張性の高さやスモールスタートできる点などから
「ビジネス効果創出」のためにも活用されるようになるでしょう。

・・・・

身近なものになったAIなどのIT技術。2018年にはさらに活用範囲が広がり、
さらに成熟していくことが予想されます。積極的にIT技術を取り入れてデジ
タル変革を進めることで、企業の成長を加速させましょう。

(2018/01/12)

バックナンバー