このページの本文へジャンプ



ソリューション・エクスプレス

トピックス

3分でわかる!ビジネス・スキルアップ講座

後輩を指導するときに必要な3つの心構え

新入社員の配属や人事異動などで部署の顔触れが変わる季節になると、
指導される側から指導する側へと立場が変わる方も多いのではないで
しょうか。
指導力はスキルアップには欠かせない要素ですが、マニュアル通りには
いきません。
後輩の指導は、大勢の部下を抱えるベテラン管理職の方でも、頭を悩ませる
難しい仕事です。
頼りがいのある先輩として自分自身が成長するためにも、指導者に必要な
3つの心構えを確認しておきましょう。

■指導する相手を理解する

同じ時期に入社した新入社員でも、性格やスキルはそれぞれ異なるため、
マニュアル通りに指導しても成果に差が出るのは当然かもしれません。
後輩の指導が難しいと感じる理由は、まさにそこにあると言えるでしょう。
相手の性格や得手不得手を理解することが、長所を伸ばし短所を補う指導へと
つながります。
指導者の立場になると、「この程度はできて当然」という主観的な考えや、
「他の新人は1回で覚えられた」という他者との比較が頭をよぎることも
あります。しかし、そのような固定観念や一般論は取り払い、後輩の能力を
最大限に引き出すためには何をするべきかということを基準に考え、相手を
理解した上で、最適な指導法を実践してください。

■指導者としての自覚を持つ

指導される側から見れば、直接仕事を教えてくれる先輩は一番身近なお手本
となるため、仕事の進め方や職場での立ち振る舞いなど、想像以上に日頃の
行動を観察されています。
いくら一生懸命に後輩を指導しても、指導者自身が実践できていなければ
相手には伝わらないでしょう。
指導する立場という自覚を持ち、模範になるような行動をとると共に、
自分自身がスキルアップし続けることも、後輩の指導における大切な仕事の
一つです。
ただし、常に完璧でいなければいけないという意識が強過ぎると、自分が
ミスをしても素直に認められなくなってしまいます。ミスをうやむやにしたり
ごまかしたりすることは、良いお手本とは言えません。
完璧主義を目指すよりも、ミスを素直に認める姿勢を見せることのほうが、
信頼関係を築くためには重要です。

■風通しの良い関係を築く

指導する側とされる側は、ある程度の上下関係は保ちつつ、気兼ねなく
意見交換ができるような、風通しの良い関係性が理想です。必要以上に
委縮させてしまったり、慣れ合いになり過ぎたりしてしまうと、指導の
妨げになるので注意しなければいけません。
例えば、後輩のミスを注意するときに、つい感情的になって頭ごなしに
怒ってしまうと、怒られたという恐怖心が強く残り、ミスを報告しづらい
状況に陥ってしまいます。
反対に、ミスを注意できず曖昧に処理してしまうと、指導者として信頼され
なくなるでしょう。
ミスを指摘するというのは、人間関係に摩擦が生じる可能性もある難しい
局面ですが、具体的かつ冷静に伝えることができれば、良い関係性を維持した
まま指導することが可能です。
指導する側の対応次第で関係性が変化するということを忘れずに、後輩との
接し方を見直しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・

指導する側とされる側という立場であっても、根底にあるのは人と人との
コミュニケーションなので、信頼関係を築くことが何よりも重要です。
それを大切にしていれば、指導法に迷ったときも進むべき方向が見えてくる
でしょう。
今回ご紹介した3つの心構えを、信頼関係を築くためのヒントとして活用
しながら、後輩を一人前のビジネスパーソンに育てると同時に、自分自身も
指導力を身に付けてスキルアップしていきましょう。

(2017/05/12)

バックナンバー