経理

会計指南
会計システム

充実した各種機能と内部統制支援により、
戦略的な企業会計をサポート。

充実した内部統制機能により企業会計業務の厳格な運用を支援します。IFRSや日本のコンバージェンスの動向は随時確認・検討しており、パッケージへの適用する体制は万全です。

会計指南の特長

特長1

日常業務をしっかりサポートするさまざまな便利機能

[強力な仕訳パターン機能]
会社の経理規程や伝票起票マニュアルの内容を仕訳パターンとして登録しておくことで、全社的な仕訳方法の統一・仕訳の正確性・処理の迅速化を実現します。
[仕訳カレンダー機能]
会計指南のカレンダーに仕訳パターンを登録しておくことで、起票モレの防止・仕訳伝票の入力負荷を低減できます。
[定例業務の自動実行処理機能]
バックアップ・自動仕訳受入・データ更新・日計表作成などのルーチンワークで待ち時間の多い日次・月次の業務を自動的に実行できます。

特長2

帳票の自由設計が可能な汎用印刷機能

 B/S、P/L、T/B、部門別P/L、C/Sなどの帳票タイトルや科目の並び方、計算/集計の方法を自由に設定可能です。金額情報だけではなく、人数・時間等の項目も自由に設定可能です。パターンは複数登録可能なので、業務効率化が図れます。

  • B/S:Balance Sheet(貸借対照表)
  • P/L:Profit and Loss Statement(損益計算書)
  • T/B:Trial Balance(残高試算表)
  • C/S:Cash Flow Statement(キャッシュフロー計算書)

特長3

管理会計機能を装備

 組織・本支店・相手先・セグメント・プロジェクト毎の分析や複数の予算実績管理が可能です。垂直方向の階層管理だけでなく、横断集計的な階層管理も柔軟に対応します。

垂直・横断管理のイメージ図

特長4

充実した内部統制支援機能

ログ監視機能/ジョブ監視機能/起動履歴監視機能/伝票修正(削除)一覧表示機能/条件検索機能を装備。 経済産業省が公表した内部統制の整備・運用に求めた「システム管理基準追補版」に準拠しています。

内部統制支援機能の画面

特長5

便利なサブシステムを用意

一般会計に加え、便利なサブシステムを用意しています。
[支払管理サブシステム]
一般会計のほか、手形管理システム、固定資産管理システムと連携し、支払業務を統合的に管理します。
[固定資産管理システム]
固定資産管理機能/総合償却機能/減損会計機能/償却資産管理・申告機能/資産除去債務機能をオールインワンにパッケージング。
[リース資産管理システム]
きめ細かな契約・物件管理機能により業務負荷を軽減。新会計基準に対応、オンバランスにおける自動仕訳処理が可能です。
[手形管理システム]
手形債権・債務の発生から消滅までを完璧にフォローできます。手形の状態遷移の適確な把握が可能です。

特長6

経費伝票入力オプション

Webブラウザーを利用した経費伝票入力システムです。旅費交通費精算に便利な「駅すぱあと」との連携もできます。 ご利用にはワークフローシステム「ALIVE SOLUTION WF」が必要です。

日帰出張報告/旅費精算書と電車乗り換え経路選択の画面

機能図

会計指南の機能図