販売管理ソリューション システム導入Q&A

販売管理システム導入をご検討中のお客様へ
システム導入時の課題や質問を弊社の専任スタッフがQ&A形式でご紹介します。

システム導入Q&A

【Q1】

システム導入をされたお客様は
どんな課題を抱えていましたか?

 システム導入において、次のようなお話をよく聞きます。

  • (1)現行システムを長く利用され、ハードウエアが老朽化してきた。
  • (2)ハードウエアのリース期限が近い、もしくは期限切れとなっている。
  • (3)取引先や取扱商品など、企業を取巻く状況が変わってきた。
  • (4)企業を取巻く状況の変化にシステムが対応できていない。手作業も増えてきた。
  • (5)報告書や会議資料の作成などのシステム外作業が増えてきたが、システム内で保持している情報を効率よく利用できていない。

【Q2】

販売管理システム選定のポイントとして、
何が考えられますか?

 次期システムの選定では、現状業務の把握が重要です。その上でより多くの課題解決が可能なシステムを選定する必要があります。 そもそも販売管理システムは、企業の基幹業務システムであり、多くの人が関わります。
 また、企業が成長するためのエンジンであり、同業他社と差別化のポイントでもあります。

これらを踏まえ、販売管理システムを選定するポイントとしては、次の3点が挙げられます。

  • (1)既存業務を遂行できる。
  • (2)既存業務を効率化できる。
  • (3)状況の変化に対応できる。

 現状業務が滞りなく行えることは重要です。しかし、作業内容を充分に見直し、業務の効率化を同時に行うことも重要です。
 また、5年以上先の状況を見据えたシステムを導入するのが理想ですが、変化が激しい現在では非常に困難です。
 しかし、変化が激しいからこそ、状況の変化に対応できるカスタマイズ可能なシステムが必要となってきます。

 販売管理システムの構築はパッケージを導入してお終いではありません。そこからシステム構築が始まり、PDCAサイクルを繰り返し、業務効率の見直し・改善、顧客サービスの向上へと繋げていくことが必要です。

PDCAサイクルPlan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)を繰り返し、
業務を継続的に改善する手法。

【Q3】

販売指南を導入した場合、どのようなことが
できるようになりますか?

 「販売指南」は、見積から始めて受注・発注・出荷・入荷・売上・仕入・在庫・売掛・買掛と、ほとんどの基幹業務のシステム化が可能なシステムです。加えて、EDI/EOS・指定伝票発行・FAX自動送信・会計システム連携等のオプションも搭載しており、効率のよい運用を可能としています。
 さらに、お客様のご要望に応え、柔軟にカスタマイズでき、事業環境の変化に影響されることなく、安定したシステム運用が可能です。

EDIElectronic Data Interchange(電子データ交換)
EOSElectronic Ordering System(電子発注システム)

【Q4】

システム導入時のサポートは
どうなっていますか?

 本稼働まで完全にサポートしてくれるかどうか、本稼働後も手厚いサポートがあるかどうかは、販売管理システムに限らず、選ぶ際の最大のポイントです。
 「販売指南」では、弊社専任スタッフによる事前の機能説明や、初期設定のアドバイス、より良くお使いいただくために詳しく説明いたします。他社でよくあるような、システムをインストールしてあとはお客様自身が自力で稼働させるというスタイルはとっておりません。本稼働するまで徹底的に弊社専任スタッフが手厚いサポートをいたします。また、本稼動後も弊社専任スタッフが手厚くフォローいたします。ソフトウエアのフォローだけではなく、ハードウエアのフォロー面でもご安心ください。