e-image

帳票ソリューション

対応機能一覧

タイムスタンプ機能

タイムスタンプ機能を強化し、改正されたe-文書法[※1]に対応

作成されたタイムスタンプが妥当かどうか検証する必要がございます。新たに[タイムスタンプ検証]画面を追加し、帳票に対する入力者情報等の登録や検証ができ、帳票のプロパティにて表示可能です。

タイムスタンプ 検証結果一覧画面

複数の帳票のタイムスタンプを一括で検証し一覧形式で検証結果を表示します。タイムスタンプ未作成の帳票も表示対象です。

※タイムスタンプ機能を使用する場合、アマノタイムスタンプサービス3161(アマノビジネスソリューションズ株式会社)との契約が別途必要となります。

図:タイムスタンプ 検証結果一覧画面

帳票のプロパティ

タイムスタンプ作成日・検証日が表示されます。
履歴では、入力者情報(入力日時、事業者名、部署名、役職名、氏名など)を表示します。
入力者情報の変更などがあった場合は、変更履歴として複数行表示されます。

図:帳票のプロパティ

お問い合わせ

その他の機能詳細を見る

1. 取り込み

  • スプールデータ:IBM(OUTQ)、オフィスサーバ(シンビオント)、Windows(EMF)
  • インポート:CSV,TXT

4. 出力

  • プリンター
  • FAX出力
  • メール送信
  • PDFファイル出力
  • 自動的に出力先を振り分け
  1. e-文書法(民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律(平成16年法律第149号)と、民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成16年法律第150号)の総称。)

ページトップに戻る