このページの本文へジャンプ



商品・ソリューション

【ICカード】食堂精算システム

カードをタッチするだけのキャッシュレスな社員食堂を構築

セールスメッセージ

「昼食時の混雑を解消したい!」「売れ残りをなくしてコストダウンを図りたい!」
そんな食堂運営の課題にお応えします。
様々な形態に対応する機器・ソフトウエアを組み合わせた食堂精算システムを構築。
キャッシュレス精算はもちろん、喫食データの収集・集計、給与天引きなど、
スピーディーで効率的な社員食堂の運営・管理をトータルにバックアップします。

特長

◆非接触式ICカードでの決済

カードをタッチするだけの簡単&スピーディー決済。カードリーダーには稼働部分が無く、
トラブルの軽減及び保守ランニングコストの低減が図れます。 

◆各種カード決済方法に対応

ICカード、IDカード、プリペイドカード、電子マネー等、多彩なカード決済に対応。

キャッシュレス&スピーディーな社員食堂を実現します。 

◆利用価格差に対応

同一のメニューでも、利用する人により価格が違う(3重価格)が可能。

 本来、補助されるべき方と、そうで無い方を区別し経費を削減します。 

◆事故カードデータ一括送信

サーバーに接続されている全ての端末に対し、紛失等の事故カードデータが送信可能です。

簡単な操作により、紛失したカードを瞬時に使用不可とします。 

◆上位に依存しないシステム

サーバーより設定送信された機器は、でサーバーに依存することなく自動的に運用開始。

仮にネットワーク、サーバー等に障害が発生しても決済が止まることなく運用が可能です。 

◆取引履歴確認

サーバーにて、管理者の操作で過去の取引履歴が確認できます。

万が一のICカードは損等でもカード番号により残高確認可能です。  

◆プリペイド&給与控除の両方に対応

カードでタッチするとプリペイドか、給与控除なのかをカードリーダーが判断し決済を行います。

1枚のカードで、決済場所ごとにプリペイド決済、給与控除を選択することが可能です。 

機能

◆POSレジ運用

◆セルフシステム運用

◆オートレジ運用

 

・各事業所・各業者様毎に機能制限を設けることにより、複数事業所運営に対応しています。

・規模や利用者数により、多彩な機器構成/ソフトウエア構成が選択できます。

・運用体系により必要な機能を選択できるため無駄な機能を省いて導入コストを削減できます。

システム構成

◆オートレジスター

・ 食器の底につけたICタグ*でメニューデータを記録。トレーを置くだけでメニューの金額、

   合計金額を自動計算します。

   *)小さなタグに全て異なるコードNo.が記入され、食器毎のメニューデータを管理。

        食器を洗ってもデータは保護されます。データの設定・変更はパソコン、

         またはオートレジ本体で管理します。

・ レジコーナーの完全無人化を実現。セルフチェック方式をさらに進化させたシステムです。

・ 最大999種類のメニュー設定に対応。

・ 食器の形や大きさにも制約がありません

 

この商品に関するお問い合わせはこちら