このページの本文へジャンプ



商品・ソリューション

BCP対策ソリューション

BCP対策・節電対策・災害対策

セールスメッセージ

企業活動を支えるITインフラ。電力不足や、万一の災害への備えはできていますか?
ITインフラ停止による事業中断は、機会損失につながりかねません。
予想されるリスクへの対策をご提案いたします。

概要

【自家発電機とUPSによる停電対策】

 

機器の移設は行わずに、自家発電機によって電力を供給し、業務を継続します。

UPSは停電検知後に、安全にシャットダウンする時間(30分程度)の停電対策として設計されています。
計画停電時に、予備電源として長時間の負荷運転を行うと、充放電の繰り返しによるバッテリーの劣化、充電時間の不足等が予想されます。

 

★これで解決★
・3kVA 程度の自家発電設備で解決!

 
【オフィスの電力ピークをシフト】

 

今夏の電力危機対応は ピーク電力削減 が求められています。
人と物をピーク時のオフィスから、物理的/時間的にシフトする事で、オフィスのピーク時電力削減を図ります。

 

 

★これで解決★
・データセンターのへの移設
・サーバー(自社拠点)の移設
・モバイルPCへの切り替え
 

【イメージバックアップによる復旧時間短縮】

 

突然の停電によって正常なシャットダウンがされなかった場合の、システム障害に対応。バックアップデータがあっても、OSからの再インストールでは復旧までに時間を要します。
イメージバックアップで、OSを含むドライブ全体のバックアップで復旧時間を短縮。

 

 

★これで解決★
・イメージバックアップ

 

【遠隔バックアップとレプリケーション】


地震・雷・火災…天災等で、サーバーのある場所自体が使えなくなることも…サイト障害が起こってしまったら?


■遠隔バックアップ

東京に本社、大阪に支店がある場合、東京のデータを大阪もバックアップ。

テープ輸送等の手間をかけずに、遠隔地でデータ保護ができ、災害対策を実現。


■レプリケーション

物理環境のみならず、仮想環境でも対応可能。
各拠点の複数のサーバーのデータを1ヶ所に集約することも可能になり、物理環境での構築と比較して、低コストで構築可能。
(※ P2U、U2U、複数サーバーの集約など、柔軟に対応可能。)

 

★これで解決★
・遠隔バックアップ
・レプリケーション

この商品に関するお問い合わせはこちら