このページの本文へジャンプ



ARDIO製品情報
  • お問い合わせのページへ
  • こちらに記載している社名および商品名は各社の登録商標または商標です。
トップページ  の中の 社会保険労務システムARDIOについて

業界トップを誇る安全・安心の労働サポートプログラムです。

社会保険労務システム「ARDIO」は、社会保険労務士事務所のために開発された業務支援ソフトです。 1973年の発売以来、常に変化する社会保険労務の業務に対応し、お客様のニーズに応えて参りました。
インターフェースはどなたでも簡単で使いやすく、アクセス制限や操作履歴管理等セキュリティ機能も万全に備えており、またメンテナンスサポートも強力にバックアップします。
貴社業務及びシステムに精通した技術者がお客様を支援いたします。

社会保険労務をサポートする3つの特徴

情報活用「システム間の連携」

オープン指向の実現が可能です。

事業所/個人マスタの他、給与/勤怠/月変/算定等に関して、外部データとのデータ連携を可能としております。

Excel等のパソコンソフトとの連携を強化しました。

顧問先との人事/勤怠管理システムや厚労省電子申請システムとの連携が実現可能です。

データ保護「抜群のセキュリティ」

データベースには、信頼性の高いOracle Databaseを利用することでシステムの安定性が向上しています。

「Oracle」の採用により、中~大規模LANにも負荷なく対応することが可能となっています。

保護対策として、アクセスログ管理、権限設定機能が装備されています。

データの安全性を保ち、ビジネスのコンプライアンスを守ります。

トータルサポート「充実のバックアップ体制」

40年培われたノウハウをシステムに集積しました。

安心のサポート体制を確立。導入時のシステム設定、操作指導はもちろんのこと、システム導入後の電話対応、障害時の復旧もシステム保守として、サポートしております。


セキュリティ機能を追求した管理者設定メニュー

基本メニュー

ログイン画面

オペレーターを選択してから起動するため、使用者の特定が可能です。
ご使用になるオペレーター1人1人に、個別パスワードを設定します。
管理する対象データは、複数のデータベース環境で管理することが可能です。

メインメニュー
システムメニュー

すぐに画面切替可能なシステム設計です。
全てのシステムメニュー画面は2層設計で、ひとつの業務処理が終わってから、次の処理画面への切替が、簡単にできます。
また、Microsoft WindowsではExplorer(エクスプローラー)としてお馴染みのツリー状のシステム構成になっています。

セキュリティーメニュー

起動時間表示

各システムへのアクセスには、全てログを残すことが可能です。
社会保険労務士様が取り扱う顧問先様データの重要性を理解しているからこそ、「セキュリティ対応版」では各種データを管理します。
各システムへのアクセスは、ログ表示メニューでアクセスデータを一覧表示できます。

ログ表示メニュー
権限管理設定メニュー

4つのメインメニュー「基本共通・取得喪失・給与計算・社会保険・労働保険システム」への使用権限設定はもちろんのことながら、「メインメニュー」の下に格納されている第二階層メニューへの権限管理設定が可能です。

システムフロー

基本共通システムで入力した情報をもとに社会保険システム、労働保険システム等の各システムと連動。作業者の方の二重入力の負荷を削減し、入力ミスも防げます。

システムフロー

お問い合わせ・訪問デモのご案内についてはこちらから