ファイリングシステム

特長

  • 取得喪失システムの受付管理と連携し、業務の受託管理と帳票管理が容易に行えます。
  • ARDIOとスキャナーを連携させることにより、自動的にファイルが関連付けされます。
  • 保存書類は一元管理が可能です。

取得喪失システムが必要。

ファイリングシステムのしくみ

画面イメージ

例:検索画面からのファイル表示

ARDIOに登録されている個人データを検索画面から検索し、得喪受付入力でファイリング(関連付け)したファイルを画面上で確認することができます。

機器構成・動作環境

ARDIOがなぜ選ばれるのか

ARDIOを導入いただいたお客様に喜んでいただいている理由をご紹介します。

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせは

03-5309-0621

平日9:00~12:00、13:00~17:30