よくあるご質問

よくあるご質問

システム導入にあたってよくあるご質問を
3つのソリューション別にQ&A形式でご紹介します。

人事・総務ソリューション

就業システム(勤怠管理)・人事システム導入をご検討中のお客様向けのQ&Aです。

システムを導入する理由には、どのようなものがありますか?

勤怠管理システムの導入理由については、以前は残業時間計算の業務負荷軽減が目的でしたが、最近では労働基準法や労働安全衛生法、女性活躍推進法など、労働を取り巻く様々な法律への対応を目的として勤怠管理システムを検討されることが多くなっています。

具体的な導入検討の理由としては、

  1. 労働基準監督署の指導や遵法意識の高まりから勤怠管理をしっかりと行いたい
  2. 入退室管理と連動して在場時間と実際の労働時間の差異をしっかり把握したい
  3. 労働時間を把握するだけではなく36協定を遵守する体制を作りたい
  4. 有給休暇の取得促進や、代休の取得フォローを的確に行い職場風土の改善に繋げたい
  5. 健康管理のために管理職も含めた労働時間を把握したい

といった、複合的な時間管理のニーズによってシステム導入を検討されるお客様が増えています。
今や勤怠管理は単純な労働時間を計算して業務効率化だけを目指すだけのものではなくなっています。

一方で、人事システムについては、

  1. 人事情報がバラバラに管理(各支社ごとや各管理者ごと)されているので、システムで一元管理をおこないたい
  2. 従業員の職歴や保有資格等の履歴情報は人材育成や組織をシミュレーションするために重要な資料となるのでしっかり管理をおこないたい

といったご要望を多く頂きます。

自社の運用に合わせてカスタマイズもできるのですか?
勤怠や人事では、企業独自の文化をシステム化するため、どうしてもカスタマイズしたい、という要望が出る場合があります。弊社の「ALIVE SOLUTION」は、お客様専用にカスタマイズすることが可能です。
お客様によってはカスタマイズせずにアドオンで、というご要望もありますが、「ALIVE SOLUTION」はアドオンにも対応しています。
また、システム選定の際には、業務をどこまでシステム化したいかをある程度イメージしておくことが、限られた予算を最大限に生かすためにとても重要です。カスタマイズやアドオンの必要有無については、事前に弊社の専任スタッフがお客様と一緒に考え、最適なご提案をいたします。
システム導入が決まったらどのようなことを準備しておくとよいですか?
勤怠管理システムの場合、まずは現状の運用や自社の就業規則を見直して、システムでどこまでカバーするのかを決めておくとスムーズに導入打ち合わせに入ることができます。もし、経験に頼っている部分があれば、そのルールを1度文章にまとめてみることをお勧めします。
人事システムの場合、誰にどのような情報を公開する・公開しないを決めておくとよいでしょう。
システム導入を検討中のため、アドバイスをお願いします。

勤怠管理システムでは、自社の就業規則にあった時間管理ができることは当然ですが、在場時間や労働時間、健康管理のための時間把握など、様々な時間を把握できるシステムであることが重要です。合わせて現場の管理監督者が部下の状況を簡単に把握し、フォローできるシステムであることも重要です。そして、現在は労働基準法や労働安全衛生法など、コンプライアンスへの対応も必須となっています。
人事システムでは、自社特有の管理項目に対応できるのか、個人情報管理のセキュリティー機能に関して重点を置いて選定することが大切です。

システム導入時のサポートはどうなっていますか?
本稼働まで完全にサポートしてくれるかどうか、本稼働後も手厚いサポートがあるかどうかは、システムを選ぶ際の最大のポイントです。
「ALIVE SOLUTION」では、弊社専任スタッフによる事前の機能説明や、初期設定のアドバイスなど、より良くお使いいただくために本稼働するまで徹底的に弊社専任スタッフが手厚いサポートをいたします。システムをインストールしてあとはお客様自身が自力で稼働させるというスタイルはとっておりません。また、本稼動後も弊社専任スタッフが手厚くフォローいたしますので、ソフトウエアだけではなく、ハードウエアのフォロー面でもご安心ください。

販売管理ソリューション

販売管理システム導入をご検討中のお客様向けのQ&Aです。

システム導入をされたお客様はどんな課題を抱えていましたか?

システム導入において、次のようなお話をよく伺います。

  1. 現行システムを長く利用され、ハードウエアが老朽化してきた。
  2. ハードウエアのリース期限が近い、もしくは期限切れとなっている。
  3. 取引先や取扱商品など、企業を取巻く状況が変わってきた。
  4. 企業を取巻く状況の変化にシステムが対応できていない。手作業も増えてきた。
  5. 報告書や会議資料の作成などのシステム外作業が増えてきたが、システム内で保持している情報を効率よく利用できていない。
販売管理システム選定のポイントとして、何が考えられますか?

システムの選定では、現状業務の把握が重要です。その上でより多くの課題解決が可能なシステムを選定する必要があります。 そもそも販売管理システムは、企業の基幹業務システムであり、多くの人が関わります。
また、企業が成長するためのエンジンであり、同業他社との差別化のポイントでもあります。
これらを踏まえ、販売管理システムを選定するポイントとしては、次の3点が挙げられます。

  1. 既存業務を遂行できる。
  2. 既存業務を効率化できる。
  3. 状況の変化に対応できる。

現状業務が滞りなく行えることは重要です。しかし、作業内容を充分に見直し、業務の効率化を同時に行うことも重要です。
また、5年以上先の状況を見据えたシステムを導入するのが理想ですが、変化が激しい現在では非常に困難です。
しかし、変化が激しいからこそ、状況の変化に対応できるカスタマイズ可能なシステムが必要となってきます。

販売管理システムの構築はパッケージを導入して終了ではありません。そこからシステムの構築が始まり、PDCAサイクルを繰り返し、業務効率の見直し・改善、顧客サービスの向上へと繋げていくことが必要です。

PDCAサイクル:Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)を繰り返し、業務を継続的に改善する手法。

販売指南を導入した場合、どのようなことができるようになりますか?

「販売指南」は、見積から始めて受注・発注・出荷・入荷・売上・仕入・在庫・売掛・買掛と、ほとんどの基幹業務のシステム化が可能なシステムです。加えて、EDI/EOS・指定伝票発行・FAX自動送信・会計システム連携等のオプションも搭載しており、効率のよい運用を可能としています。
さらに、お客様のご要望に応え、柔軟にカスタマイズでき、事業環境の変化に影響されることなく安定したシステム運用が可能です。

  • EDI:Electronic Data Interchange(電子データ交換)
  • EOS:Electronic Ordering System(電子発注システム)
システム導入時のサポートはどうなっていますか?
本稼働まで完全にサポートしてくれるかどうか、本稼働後も手厚いサポートがあるかどうかは、販売管理システムに限らず、選ぶ際の最大のポイントです。
「販売指南」では、弊社専任スタッフによる事前の機能説明や、初期設定のアドバイスなど、より良くお使いいただくために本稼働するまで徹底的に弊社専任スタッフが手厚いサポートをいたします。システムをインストールしてあとはお客様自身が自力で稼働させるというスタイルはとっておりません。また、本稼動後も弊社専任スタッフが手厚くフォローいたします。ソフトウエアだけではなく、ハードウエアのフォロー面でもご安心ください。

会計ソリューション

会計システム導入をご検討中のお客様向けのQ&Aです。

経営陣より内部統制の強化を求められていますが、対応可能ですか?
会計システムには内部統制機能は必須です。「会計指南」は、正確性や正当性を担保するIT業務処理統制コントロール機能が実装されています。具体的には、担当者毎のログイン制限や利用機能制限、ログ監視機能、ジョブ監視機能、起動履歴監視機能などがあります。特にログ監視機能では、いつ・誰が・どのクライアントで・何の処理を・どのように実行したかがわかり、マスタデータ改ざん等の問題発生時の調査や、障害解決に役立ちます。
管理会計資料をシステムで作成することができますか?

どの企業でも経営陣などからの要望で様々な管理会計資料を求められることが多くなっているのではないでしょうか。定型的な従来のシステムでは、1つの帳票印刷から1つの印刷パターンしかできず、加工したい場合には表計算ソフトなどで編集する必要がありました。「会計指南」では、B/S、P/L、T/B、部門別P/L、セグメント別P/L、相手先別P/L、プロジェクト別P/Lなど帳票タイトル、科目の並び方や、計算・集計方法をお客様が自由に設定できます。その印刷パターンは複数登録することができるので、会議用のP/L、役員会用の要約したP/L、IR用の帳票など、目的に合わせてさまざまな帳票を作り、定型化することが可能です。また、汎用帳票印刷機能では、帳票タイトルや科目配列だけではなく、人数や時間などの印刷項目も自由に設定できるので、経営会議などにそのまま利用できる帳票を作成することができます。「会計指南」のすべての帳票データは、CSV出力ができ、表計算ソフトによる二次加工も可能です。

  • B/S:Balance Sheet(貸借対照表)
  • P/L:Profit and Loss Statement(損益計算書)
  • T/B:Trial Balance(残高試算表)
  • IR:Investor Relations(投資家向けの広報活動)
わかりやすいシステムになっていますか?
どんなにシステムが高機能で良くできていても、使う方がその操作を間違ってしまえば間違った結果が出力されます。説明書がわかりづらい、処理手順が複雑、間違えてもメッセージが表示されないなどの会計システムは今でも存在しています。「会計指南」には、その場ですぐ問題を解決するヘルプ機能が搭載されているため、処理手順や操作方法が分からなくなったら、その場でF1キーを押すと、画面に説明が表示されます。もちろん、入力内容に不備や誤りがあればエラーメッセージを表示し、誤操作を防止する設計になっています。
スムーズに動くシステムになっていますか?
導入前のデモンストレーションではスムーズに帳票が印刷されていたのに、導入後にデータを登録してみると、実は帳票印刷前に時間の掛かるバッチ処理(月次集計やデータ抽出処理と呼ばれる処理)が存在し、1つの伝票を修正するだけで長時間のバッチ処理が必要な会計システムがあります。「会計指南」は、財務会計と管理会計のデータベースが1つに統合されており、帳票印刷前のバッチ処理はありませんので、1伝票修正しても即時に帳票印刷が可能です。また、伝票入力時に勘定科目や部門などのマスタデータをPCのメモリから読み込むインメモリ技術を採用していますので、都度データベースを読まずにスムーズに入力することが可能なシステムとなっています。
システム導入時のサポートはどうなっていますか?
本稼働まで完全にサポートしてくれるかどうか、本稼働後も手厚いサポートがあるかどうかは、会計システムに限らず、選ぶ際の最大のポイントです。
「会計指南」では、弊社専任スタッフによる事前の機能説明や、初期設定のアドバイスなど、より良くお使いいただくために本稼働するまで徹底的に弊社専任スタッフが手厚いサポートをいたします。
システムをインストールしてあとはお客様自身が自力で稼働させるというスタイルはとっておりません。
また、本稼動後も弊社専任スタッフが手厚くフォローいたします。
ソフトウエアのフォローだけではなく、ハードウエアのフォロー面でもご安心ください。

お気軽にお問い合わせください

選ばれる理由

ALIVE SOLUTION・指南シリーズを導入いただいたお客様に
喜んでいただいている理由をご紹介します。

お気軽にお問い合わせください

株式会社三菱電機ビジネスシステム

お電話でのお問い合わせは

03-5309-0621

平日9:00~12:15、13:00~17:45