マネジメントとは?正しく理解して実践するためのポイント

  • 経営・マネジメント

マネジメント、リーダーシップ、ビジネス用語解説

2018年04月16日

企業におけるマネジメントは、企業運営の重要な業務にあたります。職場における自分の役割が重くなるにつれ、マネジメントについて考える機会が増えることでしょう。

しかし、自分の中では当たり前のこととして知っているつもりでも、「マネジメントとは何か」を問われると、意外に答えに困るものです。
そこで今回は、「これからは自分が会社を引っ張っていきたい」という強い気持ちをもつビジネスマンに向けて、企業におけるマネジメントの意味や業務内容、マネジメント能力をアップさせる方法などを解説します。

マネジメントの意味は?

一般的に言われる『企業におけるマネジメント』とは、人の集合体である企業全体を統率し、企業の目標である利益を効率よく出すために管理を行うことです。
企業は複数の従業員を抱え、それぞれが役割を果たすことによって利益が生まれ、経営が成り立っています。
従業員が企業の求める働きをしてくれない場合、効率よく利益を生み出すことができません。

企業の要求に対して従業員が応えられていない場合、従業員との意思疎通が円滑に行われていないことが原因として挙げられます。
従業員との意思疎通を行い、彼らの希望をくみ取り、企業側が求めている業務を円滑にこなしてもらうことが主にマネジメントに求められる仕事です。
つまり、企業側と従業員の意思疎通を行うための仲介役が、マネジメントの主要業務といえます。

また、企業の具体的な目標を設定し、目標を達成するための人材を育成することもマネジメントの仕事です。
設定された目標を達成するためにはどのような企業努力をすればいいか、そのためにはどのような人材育成を図ればいいのかという、企業がすすむべき道の道標をつくるのがマネジメントの役割です。

リーダーシップと異なるポイントは?

マネジメントは、企業が抱える人材や資金などを管理するという立場から、経営者などリーダーシップをとる立場と同様であるという見方がされています。
しかし、マネジメントとリーダーは、厳密にいうと抱えている業務内容は異なるのです。
経営者など企業におけるリーダーは目先のことではなく中期的、あるいは長期的な視点で目標を設定します。
それに対し、短期的な視点で目前の問題の解決を優先するのがマネジメントです。
遠くに大きな理想を掲げてそれに向かって走るのがリーダー、目標に向かってリーダーと同じ視点で走りながら、細かい障害を片付けていくのがマネジメントという位置付けになります。

言い方を変えれば、リーダーは企業の方向性を明確にする役割、マネジメントは業務を円滑にするために企業の資金や情報、人材をコントロールする役割です。

マネジメントの役割や内容

マネジメントの具体的な業務内容として一つ例を挙げると、メンバーへの仕事に対する動機付けがあります。
いわゆる「モチベーションマネジメント」と呼ばれるもので、「このような仕事の成果を果たせば、あなたにはこのような利益がある」ということを明確にすることで、各メンバーの仕事に対する意欲を向上させるような取り組みもマネジメントの役割です。

いわゆる「マネージャー」のような立場になると、従業員一人ひとりに業務の目標を設定し、彼らに適した業務を割当てそれぞれの能力育成を担当することになることが一般的です。
上に立つ立場として数字を管理するのも大事ですが、従業員たちの業務内容に目を配らせ、彼らの要望や抱えている問題を察知することも求められるなど、従業員たちの精神面のサポートも重要となります。

サポートを行うことによって、メンバーが自発的に問題点を改善するようになるなど、企業としてのメリットも生まれます。
マネージャーとメンバーが意思疎通を怠らずにフィードバックを繰り返し、問題点などを共有すれば、企業全体の生産性の向上につながるのです。

まとめると、

・設定された目標やビジョンに対し、どのように実現するかを明確にする
・明確になったプロセスを実行するために必要な環境、人材を整備する

マネジメントには主に上記2つの業務があります。

マネジメント能力をアップさせるポイント

リーダーをサポートし、企業の経営を円滑に行う人材として評価されるためにはマネジメント能力を向上させることが必須です。
マネジメント能力をアップさせるための方法としては、主に以下の3つを意識することになります。

<的確な意思決定を行えるようになる>

マネジメントが求めれられる立場になると、以前よりも「何かを判断する」という機会が増え、判断する事柄の重要性も高くなります。
その中で的確に意思決定を行うためには、自分の意見が絶対に正しいと過信せず、異なる意見や見解も募った上で物事を判断することが求められます。

<管理能力を高める>

人や物を管理するにあたり、重要となるのは「何をもって評価するのか」という評価指標です。
この指標がズレていると正しい意思決定も下せなくなるため、求める成果に対して「何を評価すべきか」を明確に定め、測定することがポイントです。

<コミュニケーション能力を高める>

話し上手な人がコミュニケーション能力が高いというわけではありません。
同じ事柄を伝える場合でも、相手の理解度や期待度を理解した上で、相手に合わせた伝え方ができるようになることがコミュニケーション上手になるためのポイントです。

そして、自身のマネジメント能力を磨く上で何よりも重要なポイントは、積極的にメンバーとの交流の機会を持つことです。
メンバーとの信頼関係を築くということ以外にも、業務状況やモチベーションを正しく把握することで、自分のマネジメントに不足しているものが見えやすくなります。

マネジメントへの理解を深めて企業の成長に貢献しよう!

企業が今より成長するためには、マネジメントの存在は必要不可欠です。
会社の中堅層~上位層のマネジメント能力が会社の業績に直接的に影響すると言っても過言ではありません。

「会社に強い影響を与えられる人材」に自分がなるためにも、マネジメントについての理解をこの機会に是非深めて下さい。

「経営・マネジメント」の最新記事

  • 上記コラムのようなお役立ち情報を定期的にメルマガで配信しています。
  • ソリューション・エクスプレス(メルマガ)の定期購読をご希望の方はこちら
  • メルマガ登録