ソーシャルスタイル理論とは?コミュニケーション能力がアップするって本当!?

  • キャリア・スキルアップ

ソーシャルスタイル理論、コミュニケーション、ビジネス用語解説

2018年04月16日

社会人として生活していく上で、最も基本的かつ必要とされる能力がコミュニケーション能力ではないでしょうか。
仕事や家族、友人などコミュニケーションが必要な場面は数えたらキリがなく、だからこそ人間関係がうまくいかないという悩みは減ることがありません。

特定の人とのコミュニケーションが苦手と感じている人は、「人間には相性があるから仕方ない」と思い、諦めようとしていませんでしょうか。
今回の記事で取り上げる「ソーシャルスタイル理論」は、"コミュニケーションが苦手"、"仕事上で苦手な人を作りたくない"というような人にこそおすすめしたい理論的なアプローチのコミュニケーション方法です。

ソーシャルスタイルは大きく4つに分けられる

ソーシャルスタイル理論とは、社会学者デイビット・メリルらが1970年代に提唱した「ソーシャルスタイル」をコミュニケーションに活用した理論です。
ソーシャルスタイルには、「ドライビング」「エクスプレッシブ」「エミアブル」「アナリティカル」の4つのタイプがあるため、まずは4つのタイプについて解説します。

<ドライビング(Driving)>
ドライビングは、合理的に目的を達成させたい人です。
行動が早い、冷たく見える、競争心が旺盛といった特徴があり、目的のためには厳しい判断も下します。

<エクスプレッシブ(Expressive)>
エクスプレッシブは、自分が注目されたい人です。
気持ちや考えを率直に表し、表現が豊かで、新しいことや話題性のあることが好きという特徴があります。

<エミアブル(Amiable)>
エミアブルは、ほかの人の気持ちを大事にしたい平和主義の人です。
親しみやすく世話好きで、協調的な態度で人の話を聴くといった特徴があります。

<アナリティカル(Analytical)>
アナリティカルは、理屈や分析を大事にする人です。
ひかえめな態度、形式や論理性を重視する、粘り強いといった特徴があります。

人のコミュニケーションの癖は上記の4つのいずれかに分類される、というのがソーシャルスタイル理論の基本です。

自分のソーシャルスタイルを知る

他人のことを苦手と感じる場合、相手に問題があるわけではなく、自分のルールで相手の言葉や行動を評価していることが原因になっている可能性があります。
自分のルールにこだわりすぎると、いろいろなタイプの人と円滑にコミュニケーションをとることが難しくなります。

このような状態を避けるためには、まず、自分のソーシャルスタイルを知ることが必要です。
ソーシャルスタイル理論では、自分の行動傾向や無意識で行っている癖を観察することで、自分のソーシャルスタイルを知ることができます。
ここで注意したいのが、自己分析で分類したソーシャルスタイルと、周囲の人が自分に思うソーシャルスタイルが違うこともあるということです。
そのため、自分だけでなく周囲の人にも自分のソーシャルスタイルをチェックしてもらうのも一つです。

自分の行動傾向や無意識で行っている癖は、自分では気付かない場合も多いものです。

相手のソーシャルスタイルを理解する

自分のソーシャルスタイルを知ったら次のステップは、コミュニケーションを円滑にしたいと思っている相手のソーシャルスタイルを理解することです。
相手のことをよくよく観察し、様々な行動傾向や無意識の癖を見つけ出して4つのうちのどれかのソーシャルスタイルに分類してみましょう。

自分と相手のソーシャルスタイルを理解するメリットは、これまでコミュニケーションがうまくいかなかった原因が分かることです。
どのタイプの相手にも同じようなコミュニケーションを取っている限り、誰かしら合わないという人が出てくるのが当然です。
ソーシャルスタイルは人それぞれ違うということを理解した上で、コミュニケーションの改善に役立てるようにしましょう。

ソーシャルスタイル理論をビジネスシーンに活かす

自分と相手のソーシャルスタイルを把握した上でコミュニケーションを取る際のポイントは、何気ない気遣いや気配りなどの対応を相手のタイプによって変えることです。

相手がドライビングの場合、明確なコミュニケーションをとることが必要です。
社長など上に立つ立場の人はこのタイプが多いため、何を言われてもへこたれない「かわいい部下・後輩」的なポジションを狙うのがおすすめです。

相手がエクスプレシッブの場合、友好的な雰囲気で会話をすることが大切です。
ムードメーカー的な人に多いタイプのため、面白い話を事前に仕入れたり、リアクションをいつもより大げさめに取るのも一つです。

相手がエミアブルの場合、共感を示しながら要約して話すと喜ばれます。
いわゆる「いい人」と呼ばれる人に多いタイプのため、このタイプの人とのコミュニケーションは取りやすいですが、より円滑なコミュニケーションを取りたいのであれば相手を褒めるのもおすすめです。

相手がアナリティカルの場合、納得してもらえるように丁寧な会話を心がけましょう。
頭の中で整理してから発言する人に多いタイプのため、その場での対応はなるべく求めず聞きたいことがあれば事前に伝えておくなど、相手に考えさせる時間を作ることが大事です。

コミュニケーションが苦手な人にもおすすめ

このソーシャルスタイル理論において最も重要になるのは、話す力や聞く力ではなく「自分と相手を客観的に観察する力」です。

当然ビジネスシーンだけではなく、プライベートにも活用することができるため、夫婦関係・親子関係・恋人関係など、対人コミュニケーションに悩んでいる方は是非試されてみてはいかがでしょうか。

「キャリア・スキルアップ」の最新記事

ソリューション・エクスプレスの定期購読をご希望の方はこちら

メルマガ登録