このページの本文へジャンプ



レセコン 三菱保険薬局システム 調剤Melphin/Melhis

処方せん入力から、月初のレセプト処理まで、薬局様の電子薬歴等基幹業務にご活用頂けます。

使いやすい処方入力

調剤Melphin / DUO は、画面イメージを刷新し、視認性、操作性、安全性の向上を実現いたしました。

薬局用レセコン「調剤Melphin」
薬局レセコンのメリット1 ワイド画面で 表示される情報量がアップ し、キータッチ数削減。
薬局レセコンのメリット2 処方せんの記載順に沿った、左⇒右、上⇒下の流れで 見やすいレイアウト 。
薬局レセコンのメリット3 わかりやすい配色。特に 重要な警告は「赤」で表示 して注意喚起。
薬局レセコンのメリット4 患者様情報を常に表示し、特記・患者コメントなどを確認 しながら操作可能。
薬局レセコンのメリット5 今回と過去の処方を左右に整列・配置して 比較が可能
薬局レセコンのメリット6 複雑操作も サイドメニューバーおよびマウス右クリック からのショートカットで簡単操作。(サイドメニューバー及びマウス右クリックのショートカットは薬局ごとに設定可能)

新規の薬局様でも画面左側のサイドメニューバーに、よく使う機能や便利機能をボタンで表示し、簡便入力が可能です。
現在、Melphinをご利用のお客様も使い慣れた操作で、今まで同様にご利用いただけます。
本バージョンよりオンライン請求もMelphin端末から行えるようになりました。

操作画面が見やすく、使いやすく進化

トップメニュー

薬局レセコン トップメニューの画面イメージ

メニューはわかりやすいアイコンで表示

特殊入力

薬局レセコン 特殊入力の画面イメージ

制御コード入力や特殊入力などの複雑操作をマニュアルが無くても入力可能。
キータッチ数も約8分の1※(26操作⇒3操作)に軽減 。※当社比

薬歴選択

薬局レセコン 薬歴選択の画面イメージ

「指導料のみ算定」が、クイックに算定可能

監査結果

薬局レセコン 監査結果の画面イメージ

エラー状況をマークや色で結びつけて表示できるため、監査エラー情報をひと目で正確に認識。エラー箇所をマウスでクリックすることで 瞬時に「詳細情報」を把握

グラフ薬歴

薬局レセコン グラフ薬歴の画面イメージ

長期間の服用歴をひと目で確認でき、季節性の疾患や過去の服用薬品も容易に確認。

薬袋

  • 薬袋のイメージ画像①
  • 患者様に向けた薬局オリジナル薬袋の発行が自由に設計できる、
    拡張性豊かな薬袋発行支援ソフトです。
  • 多彩なレイアウトを持ち、ビニール薬袋対応や患者様に合わせた薬袋発行も可能です。
  • 薬袋のイメージ画像②
  • 薬袋のイメージ画像③

※上記薬袋は、別途オプション「薬袋ライター」が必要となります。

薬情・手帳編集

薬情・手帳編集の画面イメージ

患者様に合わせた 分かりやすい文章と写真 を選択可能。

オプション「Drug パス」で 英文薬情の発行が可能
※別途オプション「Drugパス」が必要となります。

わかりやすい服薬指導をサポート

服薬指導支援システム Melhis のワイド画面対応により、スクロールなどの操作無しに全ての情報が一画面で確認でき、わかりやすい服薬指導をサポートいたします。

薬局レセコン Melhisのワイド画面のイメージ

モード切替ボタンで表示画面を変更

薬局様ごと、担当者様ごとの好みに合わせて 自由なレイアウト設定が可能です。
正確で、きめ細やかな服薬指導をご支援します。

レイアウト事例1

薬局レセコン レイアウト事例1の画面イメージ1

複雑な薬歴を効率的にマネージメント
患者様との対話時に、マネージメントリストを参照することで、毎回同じ指導内容になってしまう“マンネリ化した服薬指導”を回避できます。
また、関連する重要な情報の提供、患者様情報の聴取モレなどを防ぎます。

レイアウト事例2

薬局レセコン レイアウト事例1の画面イメージ2

分かりやすい服薬指導をサポート
服薬指導時に過去薬歴を並べて比較することにより、患者様の薬歴を把握した、丁寧できめ細やかな服薬指導を行えます。
また、より的確な服薬指導をするため、マネージメントリストや文章マスタを見やすく、使い勝手が良いように自在に配置することができます。

さらに便利な機能で操作性を強化!

  • ●全ての画面において、コンテキストメニュー(マウス右クリック)機能を追加し、使いやすさを追求。
  • ●服薬状況画面の画面幅拡張により、チェック内容をひと目で確認。
  • ●疑義照会画面の機能充実により、過去の見たい疑義状況を即座に表示。
アドヒアランス向上プログラムの狙い

プログラムの概要

製薬メーカーから提供されたアドヒアランスの向上のための服薬指導の情報印刷可能な指導せんを表示するプログラムを、Melhis(DUO版)上に配信します。
現在、3薬品を対応(※)しております。

※プログラムの提供期間は、製薬メーカーからプログラムが提供される期間に限られます。

プログラムの狙い

患者様の服薬状況・シチュエーションに合わせたツール(指導せん等)の活用、指導により、アドヒアランスの向上と適切な服薬継続を促します。

プログラムの提供

薬局レセコン プログラムの提供のフローイメージ

【アドヒアランスの改善イメージ】

アドヒアランスの改善イメージ《グラフ》
  • ①患者様の状況に合わせて脱落要因を想定しております。
  • ②それぞれの脱落要因に合わせた情報提供が行われます。

Melhis(DUO版)での操作の流れ

  • メニュー画面

    ①電子薬歴を起動

  • 患者検索

    ②監査もしくは指導のため、患者を選択

薬局レセコン メルヒス(DUO版)の操作
フロー フローの図を展開するための矢印

③処方データを表示

薬局レセコン 処方データを表示しているイメージ図

●ひとつの医薬品でも、患者脱落要因を想定して、複数の情報提供リーフレットを用意しております。

薬局レセコン ポップアップ画面やリーフレットの画像