ISM CloudOne

[自動脆弱性セキュリティー診断サービス]

クラウド

自動の脆弱性診断で、セキュリティー運用負荷を軽減

『ISM CloudOne』は、PCやスマートデバイスの脆弱性を自動で検出し、レポート作成も可能な自動脆弱性セキュリティー診断サービスです。脆弱性があるPCに対し、遠隔でパッチ配布が可能なので、情報システム担当者様のセキュリティー運用作業の負荷を軽減することができます。また、操作ログの取得により、万が一情報漏えいが発覚した場合でも、どこから漏えいしたのか調査することが可能です。

お客様の「こうしたい」にお応えします

  • 経営者

    • 標的型攻撃やランサムウェアの被害から会社を守りたい
    • 従業員による情報漏えい事故を防ぎたい。
  • 担当者

    • 多様なデバイスのセキュリティーを一元管理したい
    • セキュリティー運用負荷を軽減したい

アラートメールで問題を即座に検知

対象者
経営者
担当者

自動脆弱性診断レポートや禁止操作があった場合、システム担当者様にアラートメールを通知するので、「ISM CloudOne」からのメールを確認するだけで、社内のセキュリティー状態を把握することが可能です。

マルチデバイス/マルチネットワークに対応

対象者
経営者
担当者

PCやスマートデバイスはもちろん、仮想化環境、プリンター/複合機や海外の端末まで、社内外のあらゆる端末をインターネット経由で管理することが可能です。Windowsタブレットに対するリモートロック・ファイル削除等のMDM機能も搭載しています。

一目瞭然のカンタン運用業務

対象者
経営者
担当者

情報システム担当者に代わりセキュリティー対策と資産管理を実施します。収集した情報から社内のセキュリティー状態を自動的に診断し、セキュリティーレベルが管理画面にゲージで表示されているため、ご担当者様の日々の運用業務は、ゲージの目視確認のみで完結します。

機能
画面サンプル

ダッシュボードでは全体のセキュリティレベルと違反行為の詳細を一目で把握することができます。

オプション

■セキュリティ対策

・ふるまい検知、・外部デバイス制御、・操作ログ取得、・ディスク暗号、・URLフィルタリング、・クラウドストレージ (Secure Cloud Storage)

■IT資産管理

・ソフトウェアライセンス管理、・ファイル・ソフトウェア配布、・リモートコントロール※

提供するサービス事業者によってはオプションとなります。

三菱電機ビジネスシステムがなぜ選ばれるのか

システムを導入いただいたお客様に喜んでいただいている理由をご紹介します。