e-image

[電子帳票システム]

デジタル化・ペーパーレス

紙文書ダイエット(ペーパーレス化)で、業務もスマートに

「e-image」は、コンピューターの“印刷データ”を取り込み、仕分、保存、出力、検索、閲覧などを可能にする電子帳票システムです。印刷コストの削減、データの有効活用・再利用を実現します。

お客様の「こうしたい」にお応えします

  • 経営者

    • 電子帳簿保存法に則った管理を行いたい
    • 印刷にかかるコスト(印刷・用紙・配送)を削減したい
  • 担当者

    • 書類の保管スペースを有効活用したい
    • 印刷データを一元管理したい
    • 保管した書類から必要なものを探し出す手間を省きたい

業務効率を大幅に向上

対象者
経営者
担当者

電子保管することで、「複数検索」や「条件検索」、「複数帳票の串刺し検索」といった高度な検索機能が利用でき瞬時に必要な帳票を探し出すことが可能です。「ページ順に並び替え」「送付先別にファイル仕分け」「メール送信」「FAX送信」といった処理を自動的に実行でき、日付別に自動分類が可能になりますので、分類ミスや作業負荷を軽減できます。さらに、CSVファイル形式に変換することで表計算ソフトでの自由な加工が行えますので、抽出や並び替え、グラフの作成など、帳票データの有効活用が可能です。

※1 PDF(Portable Document Format)
※2 BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)

様々なコスト削減を実現

対象者
経営者
担当者

倉庫保管、プリンターコスト、配送仕分・郵送など様々なコストを削減できます。さらに、専用データベースが不要(※1)で、導入コストはもとより、維持管理(ランニング)コストも抑えることができます。全社展開も可能なビューアフリー(※2)で、必要な情報は全て画面にて表示・検索が可能ですので、オフィスのペーパーレス化に貢献します。

1 保存データ量によっては必要
2 ビューアライセンスはフリーで権限付与可能

導入から運用・利用まで容易

対象者
経営者
担当者

「e-image」へ印刷データを取り込んだ後、豊富なパラメーター設定により、プログラムを書かずに帳票設計することが可能です。さらに、帳票の閲覧・検索・二次活用がオフライン環境でも利用できます。

緊急時のリスクにも、柔軟に対応

対象者
経営者
担当者

「e-image」 はBCP(※1)にも効果のある電子帳票システムです。CDのバックアップから「帳簿」として再現し、データ復旧を最速で実行できます。帳簿上の印刷データをCSVとして取り出し、Excelデータとして復元できます。TCO(※2)にも優れており、節電対策にも対応します。

1 BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)
2 TCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト)

電子帳簿保存法にも対応

対象者
経営者
担当者

<真実性の確保>

◆データの関連性
データの変更履歴や各帳簿間の記録事項の関連性等を管理する機能については、会計システムやERP(※1)等の基幹系業務システム側で対応することになります。e-image側では、基幹システムで出力された帳票データの内容は、修正できない仕様になっておりますので、必要要件を網羅しております。

1 ERP(Enterprise Resource Planning:企業資源計画)

◆システム関係書類の備え付け
e-imageでは、操作マニュアルが電子保管されていますので、必要時にパソコンの画面で表示、又はプリンターで印刷して参照することが可能です。

<可視性の確保>

◆見読可能装置の設置
基幹システムから取り込んだ電子帳票データを見読するため、データ参照機能でパソコンのディスプレイに表示したり、プリンターで印刷したりすることが可能です。また、電子帳票データは、各種ディスク等に保管することも可能です。

◆検索機能の確保
1. 帳票の検索
 帳票タイトル・付加情報・年月日といった様々な条件で検索し、抽出表示・印刷することが可能です。

2. 印字項目の検索・抽出
 ・1帳票の印字内容全てを対象として、任意の文字列で印字場所を検索し、該当印字場所を表示・印刷することが可能です。

 ・同種帳票の複数の帳票データにまたがった、任意の印字項目(取引年月日・勘定科目・取引金額等)を対象とし、文字列や範囲を指定して検索・抽出
  し、該当印字場所を表示・印刷することが可能です。

管理体制、セキュリティー対応も万全

対象者
経営者
担当者

どの端末から誰が何をしたかログを管理することができます。ログの履歴は、必要に応じて保存日数を設定することも可能です。ファイルもPDFへ自動的に暗号化させることができ、閲覧・印刷に制限をかけることが可能です。暗号化されたファイルであれば、他支店や取引先へメール送信する際にも安全です。紙の帳票では、仕分担当者などを含め、誰でも内容を見ることができる可能性がありますが、ユーザーや組織ごとにアクセス権を設定できますので、見せる帳票を制御することでセキュリティーを確保できます。

安心のサポート体制

対象者
経営者
担当者

バージョンアップサービスにご加入ください。製品利用時のご質問等はコールセンターの専任者にて迅速な対応を行いますので、安心してご利用いただけます。

専用サイトもございます。下記よりご確認いただけます。

導入事例のご紹介

株式会社アクセス様

大阪府

自動車部品卸売業

  • [ALIVE SOLUTION]
  • [販売指南]
  • [e-image]

株式会社昭和様

愛知県

生鮮魚介卸売業、缶詰・瓶詰食品卸売業

  • [e-image]

株式会社ハローデイ様

福岡県

スーパーストア業

  • [ALIVE SOLUTION]
  • [e-image]

三菱電機ビジネスシステムがなぜ選ばれるのか

システムを導入いただいたお客様に喜んでいただいている理由をご紹介します。