SKYSEA Client View 導入サービス

[クライアント運用管理・セキュリティー対策サービス]

セキュリティ

リスクの発見と、情報漏えい対策を支援

SKYSEA Client Viewは、「使いやすさ」をコンセプトに、IT資産の安全な運用管理やサイバー攻撃へのリスク対策、個人情報など重要データの情報漏えい対策を支援する各種機能を搭載しています。
お客様の環境に最適なオプションや連携ソリューションのご提案から、導入、導入後の運用支援サービスまで、トータルでサポートします。

お客様の「こうしたい」にお応えします

  • 経営者

    • 内部統制を強化したい
    • IT資産管理を行いたい
    • 働き方改革対応を行いたい
  • 担当者

    • 標的型攻撃対策を強化したい
    • パソコンの操作ログを取得・保存したい
    • USBデバイスの制御・管理を行いたい

定期的な製品バージョンアップ

対象者
経営者
担当者

SKYSEA Client Viewは誕生以来、毎年定期的なバージョンアップを重ね、常に改善を図っています。IT環境の変化にいち早く対応した製品の導入で、リスクの発見と、情報漏えい対策を支援します。

サイバー攻撃対策支援

対象者
経営者
担当者

組織の重要データを守るためにサイバー攻撃へのリスク対策を支援します。
標的型攻撃やランサムウェアなどの状況把握を含めたリスク対策や、マイナンバーなどの重要データの情報漏えい対策を支援する機能をご用意しています。重要データへのアクセス状況や、組織のIT資産の利用状況を把握することで、適切な対策の実施にお役立ていただけます。

わかりやすさ、運用のしやすさを徹底

対象者
経営者
担当者

使いやすさを追求し、わかりやすい操作画面と運用しやすい設計で、日々の管理業務をサポートします。
管理画面は、大きなアイコンや機能ガイドで、目的の機能がひと目でわかるよう構成されており、複数台のマスターサーバーで運用する場合でも、連動して検索したり、過去の操作ログもリストア(復元)せずに利用できるなど、「使いやすさ」にこだわった設計となっています。
管理担当者が交代することがあっても、引き継ぎをスムーズに行っていただけます。

多くのIT機器やソフトウェアを一元管理

対象者
経営者
担当者

情報システム部門が担当する管理対象は、プリンターやHUBなどのネットワーク機器やUSBデバイス、スマートフォンなど多岐にわたります。これらを一つのツールで管理することで効率的な管理を実現します。すべての機器が一元管理されていることで、情報を連動させて追跡調査することも可能になり、より効率的かつ安全に管理できるようになります。

他メーカー様の製品との連携で、リスク対策を強化

対象者
経営者
担当者

他メーカー様の製品と連携し、IT運用管理と情報漏えい対策のさらなる強化を支援する連携ソリューションもご提供しています。

機能

■標的型攻撃対策ログ収集

・UTMと連携し、サイバー攻撃を早期把握
・ウイルス検知したPCをネットワーク遮断
・特定(共有)フォルダへのアクセスを制限
・社外での通信制限/手動ネットワーク遮断
・ログから起動元プロセスを特定
・緊急性の高い更新プログラムを強制配布

■ログ管理

・クライアントPCの操作ログを記録、必要データを素早く抽出して確認(※1)  
・ネットワーク非接続PCのログを収集  
・組織内PCの外部との通信状況を把握  
・クライアントPCの操作画面を録画  
・送信メールをログとして記録  
・ユーザー作業状況/Web利用状況を集計

■セキュリティー管理

・組織のセキュリティポリシーにそって不適切な操作を制限  
・宛先指定でメール送信を制限  
・マイナンバー取り扱いPCへの各種操作を制限  
・WSUSと連携し、更新プログラムを管理  
・未登録の持ち込みPCからのアクセスを遮断(※1) 
・PCの異常を検知して管理者に通知  
・指定期間、操作のないPCを自動でログオフ

■デバイス管理

・USBデバイス、メディアを台帳管理(使用制限、棚卸も可能)(※2)(※3)
・紛失したデバイスの保存データをログ追跡(※4) 
・持ち込みデータを含むデバイスを接続禁止(※4)(※5)  
・持ち出しファイル簡易暗号化  
・利用申請・承認をWebシステム上で管理

■レポート

・日々蓄積されるログデータを基に、各種レポートを出力(※2)  
・ログ解析レポート  
・資産レポート(※6)
・傾向分析/注意表示レポート  
・経費節減レポート(※7)
・資産・ログ利活用レポートライブラリ

■資産管理

・クライアントPCごとのハードウェア、ソフトウェア情報を自動収集して管理(※2)  
・SKYSEA Client View未導入のPCの情報も検出・管理  
・インターネット経由で資産情報を収集  
・プリンターなどのIT機器情報を定期収集(※2)  
・ソフトウェアを一斉配布、インストール

■ソフトウェア資産管理(SAM)

・各種管理台帳を用意し、ソフトウェア資産を複合的に管理 
・SAMACソフトウェア辞書に対応  
・Webシステムによる利用申請、承認に対応

■メンテナンス

・離れた場所にあるPCを管理機からリモート操作(※2)  
・複数PCへ管理機の操作を一斉転送 
・PCを遠隔制御(資料配布、電源制御など) 
・インターネット経由で管理機からリモート操作(※2)   
・IT機器の障害情報を集約してタスク管理  
・PCの再起動を定期的に自動実行  
・故障PCの入れ替え時にログを引き継ぎ

■サーバー監査

・サーバーのイベントログを集積、アクセス状況などを把握  
・データベース上の操作をログとして収集(※8)

■モバイル機器管理(MDM) (※9)

・モバイル端末の資産情報を収集・管理、機能制限設定も可能

※1 未登録の持ち込みPCからのアクセス検知は、標準機能です。
※2 Mac端末やLinux端末には、一部対応していない機能があります。
※3 メディア登録時は別途、管理番号を個別に付与する必要があります。
※4 iPhone/iPad/iPod touchや、Android端末などのWPD(Windows Portable Devices)、デジタルカメラなどの
WIA(Windows Image Acquisition)をご利用の場合は、非対応となります。
※5 SKYSEA Client ViewがインストールされていないPC上で保存、編集されたファイルを含むデバイスの使用を禁止できます。
※6 端末利用状況レポートのみご利用いただけます。(Mac端末の場合は、端末利用状況レポートのみご利用頂けます。)
※7 コンピュータ利用状況レポートのみご利用いただけます。(Mac端末の場合は、コンピュータ利用状況レポートのみご利用頂けます。)
※8 本機能はサーバー監査機能(オプション)のオプションとしてご購入いただける機能です。
※9 ログ収集などのログ管理機能は搭載しておりません。

三菱電機ビジネスシステムがなぜ選ばれるのか

システムを導入いただいたお客様に喜んでいただいている理由をご紹介します。