SKYSEA Client View 運用支援サービス

[クライアント運用管理・セキュリティー対策サービス]

セキュリティ

IT資産や取得ログの上手な利活用で運用をサポート

「SKYSEA Client View」によって取得されたIT資産情報や操作ログを利活用することで、PC利用者の稼働時間や運用傾向のレポートを作成致します。
また、労働時間や利用傾向を正確に把握することができるので、適切な労働体制・労働環境の構築など勤怠管理への活用やUSBメモリの運用見直しなどのセキュリティー運用に活用することが可能です。

お客様の「こうしたい」にお応えします

  • 経営者

    • 社員の利用しているPCなどの情報を可視化することで、内部統制の精度を上げたい
    • 社内のIT資産運用業務をアウトソーシングしたい
  • 担当者

    • サイバー攻撃をいちはやく検知したい
    • サービス残業をなくしたい
    • 困ったときに相談できる窓口がほしい
    • 適正な勤怠管理情報を管理したい

独自のログレポートで運用管理を支援

対象者
経営者
担当者

運用支援サービスで作成するレポートは基本5種類をご用意しています。
月単位、部門別単位のレポートで月毎の変異や部門単位での傾向を把握することが可能です。
傾向の把握で今まで気付かなかった事柄の内容を確認することで業務やUSBメモリの運用見直しなどの改善に活用することができます。
自社の運用の正当性をレポートとその監査によって実現します。

長期的かつ全体的な展望に立って、下記のサイクルで運用を見直し改善を進めていくことをお勧めいたします。

安心のサポート体制

対象者
経営者
担当者

トラブルの際には、ヘルプデスクやリモートサポートサービスのご利用も可能です。安心のサポート体制で迅速にお客様をご支援致します。

機能

■レポート

レポート内容:5項目
1.ユーザー作業状況
2.端末機稼働状況-稼働時間比較
3.端末機稼働状況-端末別デバイス書き込み比較
4.Webアクセス解析-端末別比較
5.セキュリティー-端末別アラート比較

Mac端末やLinux端末には、一部対応していない機能があります。
画面サンプル
端末機稼働状況
ユーザー作業状況

三菱電機ビジネスシステムがなぜ選ばれるのか

システムを導入いただいたお客様に喜んでいただいている理由をご紹介します。