ウイルスバスター コーポレートエディション

[エンドポイントセキュリティソフト]

セキュリティ

AI技術と実績の高い技術による、高度なランサムウェア対策

正しいデータと悪意のあるデータを見分けることが難しくなっています。従来型のウイルス対策では、急速に拡散するランサムウェアの新種や亜種、あるいは未知の脅威を十分に防ぐことができず、知らない間に侵入され、遠隔操作により脅威が広がるケースが報告されています。
高度なランサムウェア対策で、PCの不審なファイル暗号化処理を監視し、悪意ある活動を強制終了します。

お客様の「こうしたい」にお応えします

  • 経営者

    • 従来型のセキュリティー対策をすり抜ける不正プログラムやランサムウェアへの対策を行いたい
    • 多様化するデバイス/環境に対応したセキュリティー管理を実現したい
    • 導入、管理コストを抑えたい
  • 担当者

    • セキュリティー製品を一本化し、一元管理できるようにしたい
    • 社外に持ち出して使用するPCへの対策も行いたい

あらゆる脅威からの防衛を、一つの製品で

対象者
経営者
担当者

一部の脅威しか防御できず、複数のツールを1つのエンドポイントに導入していくと、連携して機能しない製品を数多く抱えることになります。
ウイルスバスターコーポレートエディションは、多層防御で様々なタイプの脅威を防ぎ、またWindows環境だけでなく、Mac端末やスマートフォン・タブレット端末、また仮想デスクトップ環境(VDI)など多様化するデバイス/環境に対応したセキュリティー管理を実現します。

XGenセキュリティーの活用

対象者
経営者
担当者

最新技術の機械学習型検索を対策技術に融合し、ランサムウェアや高度な攻撃への防御力を高めます。高度なランサムウェア対策でエンドポイントの不審なファイル暗号化処理を監視し、悪意のある活動を強制終了し、暗号化された場合でも復旧を行います。

セキュリティー状況の一元管理

対象者
経営者
担当者

エンドポイントの状況を一元的に把握することで、セキュリティーリスクをすばやく可視化でき、適切な検出技術を適切なタイミングに使用することで、デバイスとネットワークへの影響を最小限におさえます。
また、「Trend Micro Control Manager」を併せて導入することで、ウイルスバスター コーポレートエディションの複数のサーバーを1つのコンソールで管理、可視化することが可能です。

リモートで働く新しいワークスタイルにも適用

対象者
経営者
担当者

社外に持ち出して使用するPCのコンプライアンスとセキュリティー対策をエッジリレーサーバにより実現します。
エッジリレーサーバはVPNを介さずにウイルスバスター コーポレートエディションとの接続を確保し、企業ネットワークの外部で従業員が作業できるようにします。

機能
画面サンプル
システム構成
動作環境

※ ウイルスバスター Corp. の管理サーバやクライアントモジュールは、本ページに記載されている以外の仮想化ソフトウェア上でのゲストOSへのインストールにも対応しています。記載された仮想化ソフトウェア以外に関しては、トレンドマイクロの仮想環境サポート方針をご参照下さい。なお、システム要件はゲストOS側が満たしている必要があります。
※ ウイルスバスター Corp. の管理サーバやクライアントモジュールがインターネット環境に接続できない環境(オフライン環境)で利用する場合、各端末においてルート証明書の更新が必要です。詳細はこちらをご覧ください。
※ ウイルスバスター Corp. 日本語版における管理サーバ用OSのサポート言語については日本語となります。
※ ウイルスバスター Corp. サーバのもつSmart Protection Server機能はウイルスバスター Corp.での利用に特化しており、他製品のご利用時にはStandaloneのSmart Protection Serverが必要です。

※ ウイルスバスター Corp. の管理サーバやクライアントモジュールは、本ページに記載されている以外の仮想化ソフトウェア上でのゲストOSへのインストールにも対応しています。記載された仮想化ソフトウェア以外に関しては、トレンドマイクロの仮想環境サポート方針をご参照下さい。なお、システム要件はゲストOS側が満たしている必要があります。
※1 Windows 7 上においてXPモードを利用する場合のみ、ベースとなるWindows 7(1 OS)に対して1ライセンスを購入していただき、仮想ハードウェアであるXPモード部分についてライセンスの追加購入は不要となります。尚、Windows 7におけるXPモードの提供は、既存アプリケーションの移行措置の一環であり、アプリケーションの移行状況を鑑みて、この特例措置は当社の裁量で終了させていただくことがあります。
※2 Windows RTおよびWindows UIには対応していません。
※3 2019年1月30日をもってWindows XP、2018年1月30日をもってWindows Server 2003プラットフォームのサポートを終了させていただきます。セキュリティーのレベルを維持するため、サポート終了までにプラットフォームの移行を完了していただけますようお願いいたします。
※4 Windows Embeddedシステムでウイルスバスター Corp. クライアントを使用する場合、オプションのWindowsコンポーネントの一部がサポートされない場合があります。オプションのコンポーネントの組み合わせで互換性の問題が発生した場合には、トレンドマイクロのサポート窓口までお問い合わせください。また、Windows Embeddedシステムでウイルスバスター Corp. クライアントを使用するためには、いくつかのコアコンポーネントがインストールされている必要があります。必要なコンポーネントの詳細についてはこちらをご覧ください。
※5 ウイルスバスター Corp. XGのサポート期間内において、Windows 10のサービスオプション"CB, CBB, LTSB"をサポートします。
※6 Windows 10 Creators Update(RS2)での利用には、ウイルスバスター Corp. XG Critical Patch(ビルド 1440)以降の適用が必要です。
※ ウイルスバスター Corp. の管理サーバやクライアントモジュールがインターネット環境に接続できない環境(オフライン環境)で利用する場合、各端末においてルート証明書の更新が必要です。詳細はこちらをご覧ください。

< 備考 >
原則として32ビットOS 環境および64ビットOS環境で動作しますが、一部の機能では64ビットOS環境に対応していないものもあります。
以下の64ビットCPUテクノロジーに対応しています。
AMD64, Intel 64(ただしIntel Itanium = IA64 プロセッサには未対応)

三菱電機ビジネスシステムがなぜ選ばれるのか

システムを導入いただいたお客様に喜んでいただいている理由をご紹介します。