人材不足解消! 介護人材定着・人材採用セミナー【夏】

  • 関東甲信越

  • 人材不足、従業員満足度、介護人材の採用

開催日:2018年7月20日(金)

概要

2025年には、介護職員が38万人不足すると推計されており、既に人材の獲得競争がはじまっています。
介護事業所様の最大の課題である人材不足に対し、定着と採用の両面から具体的なノウハウについてご説明いたしました。
また、ICT・IoTによる業務効率化による人材不足対策ソリューションも展示させていただき、大変好評をいただきました。

<講師>
 坂本 宗庸 氏 (株)リクルートキャリア
<略歴>
 1998年リクルートグループ入社。入社以来、企業が求める人材を明確にするサポートを始め、面接手法・定着に関わる提案など累計2,000社以上の企業の新卒・中途・アルバイト採用に携わる。2011年より医療(看護系)・福祉・介護業界の人材確保に関しての新サービスの商品開発、クライアントサポートに携わりながら採用力強化に向けた取り組みを推進中。

プログラム

【第一部】介護人材の定着について

HELPMAN JAPANが提供する1年後の定着率97%の研修プログラムより介護人材の定着についての秘訣をご説明しました。
具体的には、従業員満足度が高まる職場環境について、各階層別の定着ノウハウをご提供しました。

【第二部】介護人材の採用について

人材難と言われている介護業界ですが、少しの工夫で採用活動全体を改善することは可能です。採用活動において重要だと言われているターゲティング、メッセージング、プロセッシングについて介護業界に合わせた解説をさせていただきました。

個別体験会

ICT化による人材不足対策:音声入力ソフトVoicefun、iPadによる簡単記録CarePaletteの個別体験会を実施しました。
(事前予約制・先着5社)

展示コーナー

コミュニケーションロボット/介護記録システム等 ICT・IoTによる人材不足対策ソリューションを展示いたします。

【展示品】
・コミュニケーションロボット Sota(ソータ)
・音声入力ソフト Voicefun(ボイスファン)
・介護記録入力ツール CarePalette(ケアパレット)

※画像は、Care Palette(ケアパレット) より

参加者の声

特に、採用にかける工夫が非常に為になりました。

セミナー内容は現在の「人材確保と定着」に大きなヒントをいただきました。

今後将来のブランド力を高めていくためにも、今回セミナーで学んだ内容を具体的に取り入れて行きたいと思います。

セミナー担当者の声

セミナーにご参加頂きありがとうございました。
今回は、介護業界の一番の課題である人材不足に対し、「人材定着・人材採用」の両面からセミナーを開催させていただきました。講師としてリクルートキャリア様をお迎えし、大変ご満足いただけたセミナーとなりました。

当社では、『ICTによる人材不足解消のご提案』をさせていただいております。
介護記録や、シフトの管理など、業務効率化と働きやすい環境を実現するお手伝いをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

関連商品・ソリューション