入出荷検品システム 検品の達人

[物流業の検品システム]

物流業・倉庫業向け

物流業務の標準化と効率化を実現

物流業務を徹底的に標準化した検品業務システム「検品の達人」は、誰にでも正確かつ短時間で業務を行うことが可能となるシステムです。また、出庫、出荷検品機能により、誤出荷等のロスコスト要因の削減や、生産性の向上、業務時間の短縮による職場環境の改善を実現します。

お客様の「こうしたい」にお応えします

  • 経営者

    • 在庫精度を向上させたい
    • ロケーション管理を行いたい
    • 生産管理を行う他システムと連携したい
  • 担当者

    • 物流業務を効率化させたい
    • 誰にでもすぐに作業できるようにしたい
    • 誤出荷を防止したい

生産性を向上させ、ムダなコストを削減

対象者
経営者
担当者

入出荷の状況がすぐに把握できるため、検品、棚卸作業がスピーディに行えます。業務が標準化されているので、パート、アルバイトもすぐに即戦力として有効活用でき、人件費コストを大幅に抑えることができます。また、ロケーション管理ができるので、倉庫スペースの有効活用も可能です。

誤出荷を防止し、ロスコスト要因を削減

対象者
経営者
担当者

出庫、出荷検品システムにより、誤出荷やピッキングミスを防止し、商品、作業ロスを削減します。また、在庫を見える化することにより、事務作業の効率をあげます。

上位システムとデータ連携

対象者
経営者
担当者

上位システム(生産管理、販売管理など)とCSVデータで連携させることができるので、検品業務の効率改善と生産・調達業務とのシームレスな連携を実現しました。上位システムでの二重入力を行う必要がなくなるため、作業工数も削減できます。

機能
画面サンプル
入力画面
システム構成
■お客様環境に合わせたシステム構成が可能
動作環境

「検品の達人」動作環境
■サーバー OS:Windows Server 2012 R2 データベース:PostgreSQL9.5.3
■クライアント OS:Windows 7、Windows 10(32bit、64bit)
■ハンディターミナル キーエンス社 BT-W75、W85、W155 ※カメラタイプ
■ポータブルプリンタ SATO社PW208
■その他機器 無線アクセスポイント(IEEE802.11a/b/g/n)

三菱電機ビジネスシステムがなぜ選ばれるのか

システムを導入いただいたお客様に喜んでいただいている理由をご紹介します。