沿革

               
73年 12月 ビジコン(株)を母体に三菱電機(株)の全額出資にて電子計算機特約店 株式会社メルコムビジネスとして資本金1億円で設立。初代社長に山田定輝就任
74年 4月 札幌・仙台・富山・広島の各出張所を営業所に変更
75年 5月 第二代社長に市村宗明就任
75年 10月 高松計算センターと高松出張所を統合して高松営業所とする
77年 3月 大阪計算センター業務を(株)インテックに譲渡
78年 4月 高松計算センター業務を(株)インテックに譲渡
78年 11月 汎用コンピュータMELCOM-COSMOの保守業務を(株)メルコムサービスに移管
82年 6月 第三代社長に山下源一郎就任
82年 11月 札幌・仙台・富山・名古屋・大阪・高松・広島・福岡の各営業所を、各々北海道、東北、北陸、中部、関西、四国、中国、九州支店に名称変更。同時に郡山、姫路、熊本の各出張所を営業所に変更。全出張所を駐在所に名称変更
84年 10月 (株)東北エム・ビー平金(設立当時の社名は(株)東北メルコムビジネス平金)を合弁で設立
86年 4月 (株)横浜メルコムビジネスを合弁で設立
86年 6月 第四代社長に小林貞夫就任
87年 4月 北関東営業所を北関東支店に変更
87年 9月 初の自社ブランド製品(SCSIアダプタ)販売開始
89年 4月 (株)横浜メルコムビジネスと横浜駐在所を統合して神奈川支店を設置
89年 11月 資本金を4億円に増資
90年 1月 社名を現行に変更
90年 2月 通産省システムインテグレーター登録を取得
91年 11月 365日24時間保守サービスのメリットセンター設置
91年 12月 北陸支店を富山から金沢に変更。富山を営業所とする
92年 6月 第五代社長に仲摩眞途就任
93年 4月 JPNICよりインターネットドメイン取得(melb.co.jp)
93年 10月 全社パソコンメールシステム「MBメール」導入
93年 10月 エムビーテクノ(株)を全額出資で設立
94年 6月 インターネット専用線接続開始
94年 7月 建設省一般建設業電気通信工事業免許を取得。LAN設備設計工事事業開始
94年 8月 インターネットメール開始(UUCP接続)
95年 7月 郵政省一般第二種電気通信事業免許を取得
95年 11月 インターネット・サービス・プロバイダ事業開始。愛称「M Bird」
96年 6月 第六代社長に三浦康宏就任
97年 3月 通産省システムインテグレーター認定を取得
97年 12月 社内イントラネットシステム運用開始
98年 10月 バッケージソフト「指南シリーズ」販売開始
00年 6月 第七代社長に佐竹幸雄就任
00年 10月 東京支店・関西支店を支社に名称変更
00年 11月 WORLDNIC-JPよりインターネット日本語ドメイン取得(三菱電機ビジネスシステム.com)
01年 4月 本部・事業部体制に大幅組織改正を実施
01年 9月 カスタマ・リレーション・センター設置
02年 4月 岡山駐在を設置
02年 6月 第八代社長に澤井善彦就任
03年 5月 釧路駐在を設置
03年 6月 総務・人事トータルパッケージシステム「ALIVE SOLUTION」販売開始
04年 5月 本社を新宿区高田馬場から現在の中野区本町に移転
04年 10月 中部支店、九州支店をそれぞれ支社に名称変更
04年 12月 IS014001認証取得(本社地区)
05年 4月 第九代社長に三浦恒彦就任
05年 9月 プライバシーマーク認証取得(JIPDEC)
05年 12月 IS014001認証取得(関西支社、中部支社、九州支社、北海道支店、東北支店、北陸支店、中国支店、四国支店)
06年 12月 IS014001 全社認証取得
07年 3月 システムインテグレーター登録
07年 5月 特定労働者派遣事業届出受理(認可)
09年 4月 第十代社長に渡辺正就任
11年 3月 東日本大震災に際し、BCPに基づき即日災害対策本部を設置して対応
11年 10月 ソリューション事業部、パッケージビジネス事業部を設置
12年 4月 第十一代社長に牧野友明就任
12年 4月 調剤・介護事業の専任部隊としてウェルネス事業部を設置
14年 4月 組織改定により第一事業本部、第二事業本部、第三事業本部を設立
15年 4月 第十二代社長に川上眞二就任
16年 4月 メルハンコンピュータシステム(株)との合併により大分支店開設
18年 3月 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証取得
ISMSクラウドセキュリティ(CLS)認証取得
18年 4月 第十三代社長に中野隆雅就任